絵画・造形




6 月

年少・最年少・プレ
環境製作






年 長


年 少


年 長


年 中




年中
自分のパレットに絵の具を混ぜて様々な色を作り出せる事を楽しんでいます。


筆を使わない絵画
「スポンジと絵の具だけで虹ができます。」




年少
ペットボトルのうしろを使って綺麗な色の花の版画をしています。



年長さんは自画像を絵画と切り絵で製作します。


年少
粘土遊び


年少
版画に飾り付けをしています。







年長
肌色は自分たちで色を調合してつくりました。
メッセージも上手に書けます。



年中
△つなぎ□つなぎ







年  中


年  長


年  中



年長

自画像




5  月

年中
「あじさい」を自由な発想で描いています。



6月10日は「時の記念日」
時計製作をしています。そして時計を見て時間がわかるような導入もはじめています。




こちらは年少さんの時計です。


年長さんの時計製作は時間をかけて頑張ります。



折り紙を製作帳に貼り、クレヨンで絵を描きます。








年中さんの絵画
「あじさい」
幼稚園のお地蔵様の横に生き生きとしたあじさいが咲いています。




年中さんは「はさみ」を使っています。
お家でも、広告や新聞を好きなだけ切らせてあげてください。
「ぐーぱーぐーぱー」と言うとリズムよく切る事ができます。
ーケガをしないように見守ってあげてください。−




造形絵画にメッセージを書いているようです。












年長さん
動物園の絵画


年少・最年少・プレ
あじさい





子どもの生き生きとした心がそのまま絵画となっています。
みんな芸術家だと思います。尊敬です。


年少・最年少・プレさんのクラフト



作品をと一緒に写真を撮っているのは最年少・プレさん
数字が形になりつつありますね。



年中さんは動物の絵を描いています。










学力向上と心の成長にもつながるお絵かきお絵かき
子どもが生まれてはじめて挑戦する、創造性を伴った自己表現

子どもたちは、自分の限られた言葉では表現しきれない想いを、お絵かきをとおして伝えます
創造力や発想力は、お絵かきと共に養われていきます。

また、絵を描くことは論理的思考力やコミュニケーション能力などの“地頭”をよくすることが知られています。
試行錯誤しながら絵を描き、苦労したことや工夫したことを語り合うことが地頭によい影響を与えるのです。

さらに、指を動かすこと自体が、脳神経によい刺激を与えます。

絵を描くことで、目の前に広がる空間を理解する力が育ちます。すると、
描く対象を輪郭ではなく立体として頭の中にとらえられるようになるので
実際には見えない奥行きや裏側までイメージすることができます。
この能力は算数の図形の問題を解くのに非常に有利
に働きます。

絵を描くということは自分自身の内面と向き合うことだといえます。
自分の本当の感情に触れたり、心にたまっていた感情を
すべて吐き出したりすることで心の安定がもたらされます。

絵を描く際、その場所からじっと眺めるだけでなく
いろいろな方向から観察したり、対象を十分に感じた上で描きはじめることが必要です。
このように絵を描く過程で人間が持っているすべての感覚を使うのが理想です。」

例えば、木の色の変化で季節のうつろいがわかるなど
絵を描くことで身の回りに起こるわずかな変化を感じとる力が育ちます
人の心の動きも繊細に感じとれるため、人の気持ちに寄り添うことができるようになります。

感受性が豊かになり、感動を表現できるようになると自分自身の心もうるおい
さらには他人も幸せにすることができるのだとか。お絵かきは子どもの心の成長にも効果的なのです。

絵を描くことで、子どもの発想力を伸ばしたいと思ったらご家庭で幼稚園のように
まずはいつでも絵を描ける環境を整えてあげてください。さまざまな種類の線が描け
色彩が豊富な画材がすぐ手の届くところにあるのが理想的です。
1、2歳であればクレヨンや水性マーカー、3、4歳であれば鉛筆や色鉛筆など、描く前の準備が必要のない画材が適しています。

描くことに慣れてきたら、普段触ることがないような素材を与えたり、
指ぼかし、重ね塗り、点描など自由な描き方があることを見せてあげたりするとよいでしょう。

子どもの発想力を育む4つのポイント

1.アイデアの引き出しを増やす

子どもが興味を持ったことや疑問に思ったことを、
図鑑やインターネットなどですぐに調べられる環境を整えてあげる
ことが大切です。
例えば、象に興味を持てば、動物図鑑を一緒に調べて象にはアフリカゾウと
アジアゾウがいることを見つけ、2つの種類はどこがどんなふうに違うのか
どういうところが同じなのか、なぜ2つに分かれたかのか、など、
深く掘り下げることでアイデアのもととなる知識を増やせます

そして後日、動物園に連れて行ってあげてください。
事前に調べた内容を自分の目でひとつひとつ検証することで、さらに強固な知識となるでしょう。

2.あたりまえを疑ってみる

私たちは、普段見慣れたものをくわしく見ていません。見ているようで、じつはほとんど見えていないのです。
思いもよらない角度から見つめ直すことで、これまで気づかなかったものが見えてくる事があります。
既成の価値観を捨てて違った視点から見直すことで、身近なものにも新たな価値が生まれることを教えてあげてください。

3.別のものを組み合わせてみる

普段結びつけないようなものを、あえて結びつけてみることで新鮮な驚きが生まれます
例えば、お気に入りのキャラクターの特徴を組み合わせ、世界でたった1つのオリジナルキャラを考えてみてください。
名前や得意技など詳細なスペックを設定して、絵に描いてみるのもおもしろいですね。

4.違う角度で見てみる

テレビ番組でよく見かける『大喜利』は、手に取った物を即興で別の物に見立て
身振り手振りを交えて笑いをとる芸。物から予測される常識的な答えと
見立てられたものとの間に突然ギャップが生じることで笑いが生まれます。
このように現実として目の前にないものへの予想を超えるイメージの
転換やストーリーを考えることで、遊びをとおして自然に発想力が育まれます
。」

地頭がよくなったり、感受性や発想力が身に着くなど、絵を描くことには意外な効果があります。
幼稚園で絵画造形を行うだけでなく親子で一緒に絵を描くことを楽しみながら、子どもにとって必要な能力を伸ばしてください。








4  月


年中さん
おかあさんにメッセージを書いています。





4  月

年少・最年少・プレ
先生のお話を集中して聞き、製作・絵画・造形の活動をすることができるようになりました。


年中


年  長















切り絵も字も上手です。


個人絵本を楽しんでいます。








年長 立体こいのぼり






年中はマーカーと画用紙でこいのぼり製作をします。



年少/最年少プレ
こいのぼり「はじき絵」
一人でスモックをレッスンバッグから出して着ます。そして、お道具箱から今日の道具のパステルを出します。
製作が終わると、たたんでしまいます。


正しく持つように、指導しています。






年少・最年少プレ
名前のなぞり書き

マーカーを正しく持ち、先生が書いてくれた名前をなぞります。
年少さんもプレのお友達も頑張って取り組んでくれました。



ちょうちょを作っています。折り紙・絵の具・のりを使います。





年長さんはこいのぼり製作をしています
画用紙 クレヨン 牛乳パック ボンド 割りばし を使います。





年中さんは新聞紙・折り紙・マーカー・のりを使って「かぶと」を作ります






年長



年少・最年少プレ


トップページ