学習の部屋

年長児放課後学習



算数 絵と数



漢字フラッシュカード



おんどく







漢字フラッシュカード
色々な漢字が読めるようになりました。



数が身近に感じ、算数が好きになるよう導入をしていきます。
、「見える力」(図形センス、空間把握力、試行錯誤能力、発見力)
「詰める力」(論理性、要約力、精読力、意思力)








音読
あひるのあくびーまどみちおー


年長さんの学習の部屋がはじまると
年少さん・年中さんがおべんきょうごっこをはじめます。












2017年度の学習の様子


















「国語」文章と長音の定着 漢字フラッシュカード その他
「算数」簡単な足し算・引き算を短時間で解く










算数 足し算 引き算 文章題(読解力)

国語 漢字フラッシュカード 長音

長音のルール

長音には、内閣から告示れた厳密なルールが存在します。(昭和61年7月、告示された現代仮名遣いのルール)


 @ア列の長音は、ア列の仮名に「あ」を添える。
    (例:おかあさん・おばあさん)
 Aイ列の長音は、イ列の仮名に「い」を添える。
   (例:にいさん・おじいさん)
 Bウ列の長音は、ウ列の仮名に「う」を添える。
  (例:くうき・ふうせん)
 Cエ列の長音は、エ列の仮名に「え」を添える。
  (例:ねえさん)
 Dオ列の長音は、オ列の仮名に「う」を添える。
  (例:おとうさん・おはよう)


@〜Bのルールは、覚えやすいが、CとDが難しく、Cの例として、「ねえさん」が挙げられてるが、きちんとした単語での活用例は、「ねえさん」だけであとは以下のように、全て例外である。  せんせい ・せんべい ・えいが ・とけい ・げいむ など…


つまり、内閣から示されているルールは原則と例外を逆にして、本当は次のようにするのが現実的です。

 Cエ列の長音は、エ列の仮名に「い」を添える。

そして、Dは、例外が22個あります。

 おおかみ  おおせ  おおやけ  こおり  こおろぎ  ほお 
 ほおづき  ほのお  とお(十) いきどおる おおう 
 しおおせる とおる  とどこおる しおおせる とおる もよおす
 いとおしい おおい  おおきい  とおい  おおむね おおよそ


戦前に「オ」の発音で使われていた「ほ」と「を」を、「お」と表記することにしたからこのような例外が生まれた。
  (例:こほり おほかみ おほきい とほる とを  など)

この22個の例外、現代人のわたしたちには、丸暗記するしか見分ける術がないので

教育科学研究会は、子どもが覚えやすいように、次のような文を作りました。
 @遠くの(とおくの) A大きな(おおきな) B氷の上を(こおり)
 C多くの(おおくの) D狼(おおかみ)   E十ずつ(とお)
 F通った(とおった)

特別な例外を除いて小学校では(学校によって違いはあります)いくつかを抜粋して授業に取り入れているようです。

日本語あそび
例 ×せんたっき ○せんたくき

















制限時間内のプログラムに組み入れられる内容とプリントの枚数はどんどん増えていきます。







数の分解 濁点・半濁点







たくさんのプリントをこなしていくと、制限時間内に正しく答えを出す事ができるようになります。







カタカナ・ひらがなを制限時間内に綺麗に正しく書きます。


算数も制限時間内に



















 小学生用問題をテスト方式で行いました。みんな制限時間の半分で正しく答えをだせるようになりました。





濁点 半濁点


数の合成と分解






漢字フラッシュカード











文字を正しく綺麗に時間内に書く稽古






図  形


フラッシュカード 漢字


年中


年少 最年少プレ









保育時間内の学習
能力開発型「かんがえる学習」





学習の部屋



フラッシュカード「漢字」






学習の部屋



音読


漢字フラッシュカード



硬筆のお稽古


算数
パッと見てすぐに数字と数が一致するトレーニング





保育時間内の考える学習
「推理」



年少さん


年長さん「図形」


年  中





年 長



年少さん 最年少さんの学習




放課後活動
学習の部屋
年  長


フラッシュカード漢字インプット



音読






保育時間内の学習



学習の部屋







学習の部屋5.24

ねらいーーー簡単な問題を時間内で正しく仕上げる


「はね はらい とめ」の定着



5.25保育内での学習


算数


国語





5.17自考力が育つよう、頑張っています


まずは、読み書きから


算数




5月になり年長さんの学習の部屋がスタートしました。

音読「あひるのあくび」−まどみちおー


算 数



年長さん


年中さん
絵を見てお話を聞く「考える学習」


筆圧を上げながら数字の学習をしています。





硬筆のお稽古(5分)からはじまります
はね・はらい・とめ は しっかりと がお約束



5分テスト



5分テスト


試験が終わったら先生とのお勉強です。











硬筆練習




本日のテスト



漢字フラッシュカード
3学期になり、かなりの漢字が頭に入っていました。






「知能テスト」
時間内にいくつ探す事が出来るでしょうか?








算数 10より大きい数
10をまとまりにして数えるよさを知り、身の回りの事象の個数を進んでとらえようとする。
ブロック操作から図表現への活動を通して、20までの数を「10といくつ」という数の見方ができる。
20までの数の構成(合成・分解)について理解し、数をよんだり、かいたりすることができる。
20までの数を数の線上に表す活動を通して、大小、順序、系列を理解するとともに、そのよさを感じることができる。


国語 「濁点・半濁点・拗音の区別の基本」しり取りゲーム







 「濁点・半濁点・拗音の区別と定着」「正しいかきとり」


音読「まどみちお」

私立小学校の「音読」教本に、はまど・みちお さんの作品がたくさん出てきます
国語力だけではなく、心に響く「詩」を音読することで わけへだてのなさ 生きている意味への驚き ものになりきる力  
あたりまえのことをあたりまえでないことだと感じる力 美しい理由を見つける力 等、学習の中でも感性や心を豊かにする時間を取り入れたいと考えています。










10枚の算数ドリルをオリジナルでつくりました。
時間内にどれくらい正確に説くことができるようになったでしょう?


国語は硬筆の「かきかた」












「学習の部屋」

国語の目標・・・論理的思考力、想像力を養う
「おおきなかぶ」音読
制限時間内に問題を解こう

算数の目標・・・「把握力」「分析力」「選択力」「予測力」「表現力」を養う
制限時間内に問題を解こう




 大阪の私立小学1年生用のオリジナル教科書の問題です。
お家の方も・・・・・・

 式を作って、答えを出しましょう。

 



(1)   ○○ちゃんの前には2人 後ろには2人 お友達がいます。

  ○○ちゃんの列は何人の列でしょうか?



式                                       答え            


 


(2)     ○○ちゃんは前から
3番目 後ろから3番目です。 

  ○○ちゃんの列は何人の列でしょうか?


式                                     答え               

  

 答えは下の写真で・・・↓











小学一年生二学期の課題
文章の読み解き




算数は 文章題です。










「算数」 0というかず 文章題 足し算のスピードトレーニング
「国語」 濁音 半濁音 清音と拗音 漢字のフラッシュインプット 音読
促音 長音 撥音 も徐々に取り入れていきます。










標準学習の他に小学校受験問題等を取り入れました。
小学校入試用プリントなので、写真はございません。
















反復学習
算数「10までの数の合成・分解」と「補数」 
 国語「音読」「漢字フラッシュカード」インプット 硬筆「はね・はらい・とめ」の定着





















今日は7人の先生が学習の部屋に入りました。

国語 「漢字フラッシュカード」 文章の組み合わせ 「しゅご じゅつご しゅうしょくご」
算数「身近な数」









算数「身近な数」
国語書き順・はね・はらい・止めの確認 「音読」「漢字フラッシュカード」





ーーーーーー学習の部屋で行う学習のねらいーーーーーー

(国語)「てにをは」言葉の選択「読解力・記述力・表現力」のトレーニング
(算数)「あといくつ?」数字の分解と文章題「論理的思考力のトレーニング


基礎が確実に身に付くと、考える力もアップします。
次回は、基礎力定着の為のステップアップをいたします。

国語
算数<教え方・考え方> 「イメージする力」「数がパッと見てわかる」「数の組み合わせ」
国語【助詞】「文と言葉」『てにをは―助詞ー』主語と述語の対応を自分の力で考える 問題を読んで理解する
-南恩加島幼稚園オリジナル問題集-


国語【助詞】「文と言葉」『てにをは―助詞ー』主語と述語の対応ー私立小学校ワークよりー
「2限目」算数「10までの数の合成・分解」と「補数」私立小学校ブレッダーより



算数[ 数字の計算] 絵を見て、計算を組み立てる
国語書き順・はね・はらい・止めの確認



「書き順のたしかめ」その他
「国語【硬筆の基本】 算数[ 数字の基本]
算数[ 数字の計算と文章題] 文章を読んで、計算を組み立てる
ー私立小学校ワークよりー

国語【助詞】「文と言葉」『てにをはことば―助詞ー』主語と述語の対応
ー私立小学校ワークよりー

 「濁点・半濁点・拗音の区別と定着」ー私立小学校テキストよりー
算数「数字のみの足し算」ー私立小学校ブレッダーより



国語 「濁点・半濁点・拗音の区別の基本」ー私立小学校テキストよりー
「漢字フラッシュカード」「『おむすびころりん』読解」ー公立小学校教科書よりー
算数「数の合成・分解」と「補数」の基本
ー私立小学校ブレッダーより
長音のルールを知る


算数「10までの数の合成・分解」と「補数」私立小学校ブレッダーより
 
 国語「音読」「漢字フラッシュカード」インプット 動詞と形容詞 色々な数え方



算数 「絵や図を用いた数量の表現」「量の大きさを比べる」   
国語 「音読」「漢字」フラッシュカードインプット
「拗音に用いる小さい仮名」のお稽古


立体を知る::自ら学び、考える力の育成と学び方、調べ方を身につける事をねらいとした授業。
隠れているキューブを数えるために、積まれた積木の投影図をイメージしやすいよう、ブロックで感覚をつかみます。
「回転図形」は物の形を捉える観察力と、回転を加えた状態を考える必要な推理力をやしなう


知能学習 例:シチュエーションを別の方向から写真にとると、どのように写るでしょうか。


トップページ