茶道 作法 礼法



「礼  法」

礼法の基本精神はあくまで「相手を思いやる心遣い」にあります。色々な思いやりがあります。
相手を思いやり行動する(何かをする心遣い)
相手を思いやり見守る(何もしない心遣い)
心静かに呼吸を整え、礼儀 作法 礼法 そして、社会の中でもマナーを学びました。


おじぎは、頭・首・背中はまっすぐにします。


年長さんは一時間の講義です。

礼法の基本精神はあくまで「相手を思いやる心遣い」にあります。
礼法は私たちの家庭をはじめとする社会の中で、人と人との関係を円満にし、平和で楽しく穏やかに過ごしていくための必要性から生まれたものです。人と人の心を結ぶ潤滑油のような役割をもつ社会規範でもあるのです。
相手を思いやり行動する 相手を思いやり見守る 色々な思いやりがあります。

例えば、物の受け取り・渡し方で、ペンを相手に渡す場合、先が尖っているので危険がないようにペン先の向きを考え、次は相手が受け取りやすいように配慮して手渡すと、無理がなく自然で優しさが伝わります。また、大勢が行き交う道路を自分勝手に歩きまわるとかえって歩きにくく危険です。そこでお互いの約束事を設ければ安心して歩くことが出来ます。車道でも同じことが言えます。雨の日、傘をさして狭い道路をすれ違うとき、お互いの傘が触れ合って迷惑な思いをした経験はありませんか。そのような場合は、お互いのことを思いやって自分の傘を少し傾ける動作『傘かしげ』をすると安全でスムーズにすれ違うことができます。

相互の敬愛精神から生まれた礼法は、相手への優しい心遣いや温かい思いやりの心を、自然な形でさりげなく表現するもので、心と動作が調和した状態をいいます。
礼法の心が備わっていれば表現(形)はその時代環境や生活様式によって多少は変わりますが、根本に流れる相手を大切にする思いやりの心は変わらないものなのです。家庭から躾が消え、温もりのある人間関係を求める声が高まっていますが、それは決して復古調ではなく、人間本来の「心のゆとり」を取り戻そうという人々の願いからなのです。価値観が多様化する昨今、自分の中に信じるものがないと、当面の利害に練られ、角を立て寒々とした行動を取る人がいるのも致し方ないことかもしれません。ですが、それではかつての日本人の美徳とされた、思いやりやいたわりの心、優しさに目や心が届かなくなり、自分さえよければという利己的でごうまんな人間になってしまい、結果として幸福で充実した日々からは遠のいてしまうのです。
 礼法の基本は「相手への思いやりの心」に尽きます。家庭に向ける優しい思いやりの心を隣人へ、そして社会へと広げることによって暖かい人間関係が生まれてくるのではないでしょうか。礼儀や躾の空白の時代といわれる現今、国際社会においては日本の礼節はますます重要視されていくものと思われます。
礼法は人の生き方すべてです。変化していく世の中の流れに適応して行く過程で、その芯になるものは伝え残していく責任があります。
礼法は、どれひとつとっても背景にそれなりの合理的な理由があり、美の追求といわれるほど簡素な動作で表現するものなのです。私たちは幾多の先人が考え、長年かかって育んできた礼の心を受け継ぎ、現代に生かし根付くことを願います。


京都女子大学短期大学部卒業後、旅行会社他にてCEO秘書を務めながら、小笠原流礼法宗家本部関西支部に入門。小笠原総領家三十二世直門 源慎斎山本菱知氏に師事し、師範を取得する。その後、家庭での習わしを日本の神話や歴史、食文化(食育)と合わせて伝えるため、同流派を離れ、2011年に和作法講師として「禮(いや)のこと教室」を設立。神代より大切にされてきた、人やもの、事象すべてに対して感謝し、尊重する、「尊ぶこころ」の教義を伝える。和の心の和美道を以て自ずと為される所作の作美道をひとつの道とした、和美作美道の講師として、全国の学校、企業、団体での講演や講座、接遇研修などの実績を積む。
2011年にフランス パリ、2015年にアメリカ シアトル、ロサンゼルスにて講演を行う。

禮のこと教室・和美作美道 http://www.iyanokoto.com/

著書 着物の神様 ごはんの神様 たたみの神様









茶 道  と  作 法
掛け軸 「富士と海」 花「芍薬」 菓子「蜂蜜丸ぼうろーとらやー」



年 中 「作法」



正しい姿勢でお菓子とお茶をいただくお稽古
菓子盆を汚さず、懐紙の上に取り、いただきます。




立ち方のお稽古





年長 「茶道」




「和食の作法”テーブルマナー”」
通常は、茶道の時間にお箸や器の使い方の指導をしますが、本日は和食を頂きながら、お箸と器の使い方を学びました。


お箸の取り方



器の持ち方



実 践


左にご飯 真ん中におかず 右上に飲み物 手前にお箸
お家でも同じように配膳してあげてください。

美しい所作が身についてほしいですね。





軸 「笹に海老」 花「あじさい」 菓子「五三かすてら」




にじり【躙り】のお稽古


懐紙の上にお菓子を乗せて綺麗にいただく稽古


茶器は右手で寄せます





茶器の拝見(どうしても頭が畳についてしまいます)


菓子は両手で寄せます


年中さん 作法
「作法」「剣道」ともに、特に姿勢の良い2人のお友達がいます。「とても姿勢が良くてかっこいいです」と言うと
そのうちの一人は「お家で言われてるねん」と少しふてくされた顔で言いました。
「お家の人が何度も言ってくれるから、先生達に褒められたの。お家の人に[ありがとう]と思わないといけないね。」と言うと
2人ともニコニコの笑顔になりました。






年長「お箸の作法」




年長「茶道」

掛け軸「川下り」 花「芍薬」 菓子「バームクーヘンーclub harie-」




年中「作法」


懐紙の使い方(初歩)





年長「茶 道]

掛け軸ーこいー  花ーつつじー 菓子ーようかんー「鶴屋吉信」













「茶道」4月28日
もうすうぐ、端午の節句です。
兜を飾りました。 園庭では鯉のぼりが泳いでいます。

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

 現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

 鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。









年中さん「作法」
4月28日
初めての茶室を楽しみました。昨日は剣道・今日は作法です。







ひな人形をかざりました。 掛け軸「梅に鶯」 花「紅梅」



茶室に入ります


「語先後礼」「ごせんごれい」ー言葉が先で、お辞儀が後ー

年長さんは「語先後礼」ができるようになりました。

年中さんは「茶道」のお稽古になります。
挨拶をしながらお辞儀をするのではなく、挨拶の後にお辞儀をする「語先後礼」から学びます
あいさつは、相手の方に伝えるものであって、地面や床に向かって言うものではないということです。
「失礼します」と言ってからお辞儀をする。
「よろしくお願いします」と言ってからお辞儀をする。
「ありがとうございます」と言ってからお辞儀をする。
首から上を下げるのではなく、腰から上の角度に気を付けて礼をします。



お辞儀は頭を下げる角度によって「会釈」「中礼」「最敬礼」に分かれ、場面によって使い分けます。
ー参考までにー
会 釈:(角度15度)人とすれ違った時、部屋から出たり入ったりする時などに使う軽い礼。
中 礼:(角度30度)上司やお客様に対して行なう一般的な礼。
最敬礼:(角度45度)自分よりかなり目上の人にあいさつする時や冠婚葬祭の時に使う最も丁寧な礼。



菓子を箸で懐紙の上に置きます。箸先は懐紙の右上で清めます。


右手で茶器をとります。左手は腿の上です。ー時々間違いますー


畳のヘリを踏まないように歩きます。


年中さんは、茶道のお稽古になりました。お箸を正しく使えるように日々、頑張りましょう。


茶器の拝見をしていますが・・・


頑張りすぎて頭が畳についてしまうのです。可愛いですね。










「礼 法」
いつもの、茶道 作法 のお稽古に加え小笠原流礼法師範の「森日和さん」を講師にお招きしての「礼法」のお勉強をしました。
幼児向けに特別なお話と手作り絵本を導入し、子ども達によりそうようにお話をしてくださいました。
年長さんは1時間 年中さん年少さんは40分森先生に色々とお教えいただきました。
11月 12月 に書道でお世話いただいた先生です。

京都女子大学短期大学部卒業後、旅行会社他にてCEO秘書を務めながら、小笠原流礼法宗家本部関西支部に入門。小笠原総領家三十二世直門 源慎斎山本菱知氏に師事し、師範を取得する。その後、家庭での習わしを日本の神話や歴史、食文化(食育)と合わせて伝えるため、同流派を離れ、2011年に和作法講師として「禮(いや)のこと教室」を設立。神代より大切にされてきた、人やもの、事象すべてに対して感謝し、尊重する、「尊ぶこころ」の教義を伝える。和の心の和美道を以て自ずと為される所作の作美道をひとつの道とした、和美作美道の講師として、全国の学校、企業、団体での講演や講座、接遇研修などの実績を積む。
2011年にフランス パリ、2015年にアメリカ シアトル、ロサンゼルスにて講演を行う。

禮のこと教室・和美作美道 http://www.iyanokoto.com/

著書 着物の神様 ごはんの神様 たたみの神様







年長さんは皆の前で自発的に発表をする時間があります。


年長さんの発表に、拍手をするお友達



ここからは、年長さんのお時間です。





軸 「霊峰飛鶴」ー横山大観ー 花 「菊」



年長さんの茶道

菓子切りを上手に使うお稽古からはじまりました。
崩れやすい菓子「小豆の入ったようかん」を菓子盆で出されたらどのようにしていただくのでしょう。
いつものように、懐紙の上において綺麗に切っていただくのは、難しいので
菓子盆を懐紙の代わりに胸の高さまで持ち上げ、食べやすい大きさに切り、菓子盆を汚さないようにいただくお稽古です。


茶器の拝見

年長 菓子 「ようかん」−鶴屋吉信ー



年中さんは、崩れやすい「バームクーヘン」です。菓子楊枝を使うお稽古をしました。
年長さん用の「ようかん」が残ってしまったお話をすると、「食べてみたい」と菓子切りに挑戦するお友達もいました。

「菓子楊枝を上手に使って、菓子盆を汚さないように、いただきましょう」とお話をしてから見ていますと
子どもが頑張りすぎて、菓子楊枝が四本も折れていました。大人でも片手で折るのは大変なのですが
頑張った子どもの姿に拍手をおくりたいです。


菓子楊枝は難しいようです。


懐紙がない菓子盆はようかんです。


菓子盆を汚さないで「ようかん」を食べることができたお友達に先生も驚いていました。


茶器の拝見


こちらは、「ようかん」に挑戦しているお友達です。


年中 菓子 「バームクーヘン」 ーJUCHHEIM−

茶道のお手伝いをしてくださった皆様、ありがとうございました。皆様のお力のおかげで、子ども達に素晴らしい時間を提供することができます。

子ども達のお稽古が終わり、お母さん方と年中の先生に 菓子と抹茶をお出ししましたが
子ども達が興味津々に見入ってしまいました。ごめんなさい。





年長さんは茶道のお稽古を楽しむ余裕が出てきました。
「静」を感じる時間を大切に。。。
軸 「柿に鳥」   花 「秋茄子」



懐紙の使い方も上手になりました。


姿勢が良いです。


歩き方もおしとやかです。


茶器の拝見までしましたが、なかなか。。。。。


年中 作法
年長さんと同じようにお箸で菓子を懐紙の上に取りました。
2学期にほぼ毎日お稽古をしていた「剣道の基本動作」を体がおぼえていて、
立ち方と礼が、剣道の動きになってしまいます。
そのかわり、姿勢と集中力、注意力がしっかりと身についていました。
なかなか、茶道の動きにもどらないので、ゆっくりとお稽古をしていきたいです。
また、子ども達がいかに剣道を頑張っていたのか、よくわかりました。


お菓子を一口で食べたり。。。


どきどきしながら、食べたり。。。


たたみのへりを踏まないように静かに歩いたり。。。


一生懸命に聞いてくれます。少しくらい違っても大丈夫。。。お友達が
「自分のお部屋の中でお菓子をとるんだよ」と教えてくれています。


懐紙が縦になっていても、一生懸命なのです。横のお友達をしっかり見ているのです。ほんと、可愛いですね。


甘いものが嫌いなお友達がはじめて食べることができたり。。。


慣れない正座に足がしびれたり。。。



年長「茶道」年中「作法」
お箸と懐紙を使った茶道



年中さんは「作法」

役員のお母さんたちがお手伝いに来てくださいました。リズムよく、教えることが出来ました。ありがとうございました。








美しい姿勢と所作のお稽古です。
今日は、浴衣でお稽古をいたしました。

大股で歩くと、すぐに裾が乱れます。
猫背だと、兵児帯が細くなります。膝が離れた正座をしていると、太ももが見えてしまいます。
男の子は着物を着ても、いつもとあまり変わりませんが、女の子は急におしとやかになります。
お家でも、浴衣や着物で過ごす機会をつくってあげてください。




着座をするときに、ひざをそろえ、裾を整えながら座ると、美しい正座になります。




年中さんは「作法」です




6月3日(金)
世阿弥の書き残した能の理論書『風姿花伝』には七歳(満六歳)から稽古をはじめるように書かれています。
さらに江戸時代に一番の娯楽である歌舞伎では台詞回しで語呂の良い同じ言葉の繰り返しがしばしば使われていました。
そこで幕末のちまたでは「六歳の六月六日」という言い回しが慣習化したものと思われます。
江戸時代の習い事といえば寺子屋ですが、江戸時代の後半までは寺子屋に入学(入寺:いりでら)する日は二月の初午の日でした。
しかし幕末には上のような言い方のせいか六月六日に入寺するように変っています。そんなわけで今日でも習い事をはじめる日は六月六日が良いとされています。
今年の6月6日は月曜日(音楽楽器指導)なので一番近い日の6月3日にはじめました。


去年まで作法としてお稽古をしておりましたが、本日よりはじめて茶道の道に入ります。
あたたかく見守ってあげてください。
お稽古を重ねる度にしなやかに、美しく上達されると思います。

なんとも可愛らしい初めての茶道のお稽古でした。






年中「作法」










3月 年長「茶道」年中「作法」


軸「梅に鶯」 花「梅」 菓子「丸芳露ーとらやー」

茶道「年長」


懐紙の使い方のお稽古です
お菓子を懐紙の上にとり、箸先を懐紙の角で清めます。


作法 年中


年中さんも、懐紙を使ったお稽古をしました。




年少さんに「やってみたい」とお願いされたので、今日は年少さんと最年少さんの作法のお稽古です。
午後からは年長さんが茶道のお稽古をしました。



軸「ー富士に松ー水墨画」花「万両」菓子(年長)「ようかんー鶴屋吉信ー」菓子(年少「)五三カステラ」
お菓子は、ご厚意でいただきました。



もうすぐ、お雛様ですね。


茶 道
年長さん



年長「茶道」

軸「柿に鳥」    菓子「とらや丸芳露」    花「紫式部・紅葉」




「懐紙の使い方」


お客様に子ども達の相手をしていただきました。緊張して黒文字を2回も落としてしまいました。

茶道のお稽古にお付き合いいただき、ありがとうございました。良い経験ができました。



年中「お作法」




和服でお稽古です。
姿勢と正しい立居振舞を中心にお稽古しました



畳のへりを踏まないように歩きます


担任の先生たちも、お菓子とお茶をいただきました。
「先生たちの所作はどうでしょう?」子ども達が見守る中、先生たちは綺麗に頂いてくれました。
これほど、注目されて頂く方も、大変だと思いますが。


軸 「海老と笹」 花「夏の茶花」「むくげー木槿ー」 菓子「五三かすてら」


メイキング映像
茶道が終わると・・・・・・
急いできがえて・・・・・・


10分後に水遊び
「ワイワイ」「キャーキャー」茶道と水遊びは静と動
遊ぶときは全力でありあまるエネルギーを発散させているようです。



6月19日
年長「茶道」


お手本をしてくれました。


使い終わった懐紙をたたんで、持ち帰ります。


年中「作法」6月19日


菓子切りのお稽古


軸「鯉」 花「さくらんぼ」 菓子「芋あん饅頭」

「さくらんぼ」は梅香幼稚園の山上園長先生が、北海道から持ち帰ってくれたものです。子ども達が喜んで
見に来ていました。ありがとうございました。




年長「茶道」6月5日


入室のお稽古


亭主側がお客様にお菓子を配ります。


菓子きりが少し難しいようです。
羊羹の味を気に入ってくれたようです。ほっとしました。


担任の先生たちも一緒にお稽古をしてくれました。子ども達は嬉しそうに先生を見ていました。




年中さん「作法」
年少の頃の作法の時間に表情が硬かったお友達も、正座が辛かったお友達も
お菓子を食べながらニコニコ笑顔でいっぱいになりました。


懐紙の使い方は徐々にお稽古していきますね。



軸「霊峰飛鶴」 お花「紫陽花」 
お菓子 年長「羊羹ー鶴屋吉信ー」年中「ミドルサイズのシュークリーム」
お菓子
はご厚意で頂きました。







年中さん「作法」のお稽古


部屋に入ります


「亭主」側 「客」側になりお稽古をします





年長さんはしなやかな立居振舞が身についてきました






年長さんは茶道のお稽古
年少さんは作法のお稽古です
年長さんは、足袋のかわりにまっ白い靴下をはいています。


最初の時間は年長さんの前半組とももぐみさんです。
靴の脱ぎ方・揃え方


綺麗な立ち方のお稽古


年長さんは歩き方のお稽古をしています。


年長さんが亭主側になり、お菓子とお茶を運びます

菓子楊枝でカステラを半分に切っています。なかなか難しいようです。

カステラの味を気に入ってくれた様子でなによりでした。


年長さんは器からお菓子を取り、自分の懐紙の上におきます。


年少さんがお茶を運んでくれました。


茶器の拝見



後半は年長さんの後半組とさくら組さんです


次のお客様に「お先に」と言います


満三歳児のお友達は、茶道の見学をした後、手を洗ってお部屋でお菓子を頂きました。
無理をせずに徐々に練習し、茶室で正座をしてお菓子を頂いてほしいと思っています。







和服の立居振舞のお稽古をしました。


今日は、ご厚意で浴衣を貸していただきました。


軸「笹に車海老」     お花【大飛燕草】大ひえんそう    お菓子「ロールケーキ」








年長さんは「茶道」
年中さんは簡単な「作法」のお稽古をしました。

「茶の湯の基本」と「菓子楊枝の使い方」
 「招かれる客側の心得」をお稽古しました。



軸「笹に小鳥」 お花「千鳥草」 お菓子「五三加壽天羅」


最初にお菓子をいただきます。菓子楊枝を使う練習をしています。


「茶道」を習っているおねえさんが、お手伝いに来てくれました。


頂いた後は、丁寧におじぎをします。



年中さんは「お作法」です。煎茶をお菓子といっしょにいただきます。








満6歳になる年の6月6日に「茶道」をはじめました。
世阿弥の書き残した能の理論書『風姿花伝』には七歳(満六歳)から稽古をはじめるように書かれています。
さらに江戸時代に一番の娯楽である歌舞伎では台詞回しで語呂の良い同じ言葉の繰り返しがしばしば使われていました。
そこで幕末のちまたでは「六歳の六月六日」という言い回しが慣習化したものと思われます。
江戸時代の習い事といえば寺子屋ですが、江戸時代の後半までは寺子屋に入学(入寺:いりでら)する日は二月の初午の日でした。
しかし幕末には上のような言い方のせいか六月六日に入寺するように変っています。そんなわけで今日でも習い事をはじめる日は六月六日が良いとされています。


はじめて茶道の道に入る子ども達をあたたかく見守ってあげてください。
お稽古を重ねる度にしなやかに、美しく上達されると思います。

なんとも可愛らしい初めてのお稽古でした。

畳のへりより外に茶器を置くと子どもには、遠くなり取りづらいので、子どもよりに茶器を置いています。







幼児期にこそ自然や芸術などの本物に触れ、豊かに感じる心を育てたいです。
軸「霊峰飛鶴」 お花「紫陽花」 お菓子「丸芳露」





ファミリーページへ

インデックスへ