文字や数字、知恵遊びなどを通して、机にむかう姿勢、鉛筆の持ち方、話の聞き方を
自然に、身につけることができるように導入しています。
はじめのうちはお遊びですが、少しずつ注意力や、集中力がつき、楽しみながら学習をしていきます。


 「勉強ごっこ」からはじまり,今ではおいすに座り集中して
(聞く)(考える)(行動する)という事ができるようになります。

年長になると60分間の授業に辛い顔を見せるお友だちもなく
自然とお勉強に対する姿勢がみにつき、
気持ちのいい緊張感さえあります。

年少児3年保育(もも1・もも2くみ)
3年保育と4年保育(満三歳児)
「遊ぶ」「学ぶ」「考える」「話を聞く」
小さいながらにも理解しています。




このおともだちは4年保育(二歳児)のおともだちです。





年中児 2年保育(4歳児)
文字や数の学習が理解できるようになり、とても意欲的です。



(年長・五歳児)3月卒園のおともだち

小学校が待ち遠しい様子です

「アチーブテストをしています」

私立幼稚園は文部科学省の「学校教育法」に基づいてカリキュラムを構成しています。
様々な分野から子どもの持つ能力を見つけ、育み、「楽しい・やりたい」という意欲からはじまり、たくさんの経験ができるように子どもの目線に合わせて考えます。

インデックスページ