本文へスキップ
      学校法人 大阪武田学園 みなみおかじまようちえん

電話でのお問い合わせはTEL.06-6551-2408

〒551-0012 大阪市大正区平尾5-7-7

 



「個人絵本」を持たせてください。

 保育時間中に「絵本の時間」を取り入れております。
お家の方が何度も読み聞かせをしてあげた絵本を(記名して)
幼稚園にお持ちください。「静かな絵本の時間」のなかで
「絵本の素晴らしさ」を子ども達に伝えていきます。縦30㎝以内

 幼児期に絵本に慣れ親しんでいると読解力・文章力・学習能力の向上にも役立ちます。
小学校に入学し教科書の文章を理解することができれば、お勉強の苦手意識を感じることも少なくなりますし、一冊の本との出会いで人生の目標をみつけることもできます。
 1ヶ月~2ヶ月に一度、月曜日等レッスンバッグをお持ちになる日に
次の本を持たせてあげてください。古い本と取り替えます。
 絵本は、大切に扱うように指導しておりますが、貸したり貸してもらったりする中で破れてしまう事もありますが、子どもの成長の一部として広い心で見守ってあげてください。
 2020.5.15以降「南恩加島YouTubeクラス」で先生たちのオンライン読み聞かせの動画配信をしております。楽しんでいただけると幸いで
す。

年長・年中は4月から「塗り絵」を持たせていただいても構いません。
年少・最年少は10月中旬以降・運動会終了後に「塗り絵」を持たせていただいても構いません。
個人絵本を許可していますので、自分だけの本を持っていないと、寂しい気持ちになることがあります。ご理解のほどよろしくお願いします。


幼児期の絵本の大切さ

幼児期の読み聞かせが大切と言われている一番の理由として、幼児期には脳が著しく発達することが挙げられます。児期の脳は3歳までに成人の約80%が完成すると言われています。更に6歳までに90%にまで達することから、幼児期の刺激はとても重要とです。このことから幼児期に読み聞かせはたくさんすべきなのです。

絵本の読み聞かせは最高のコミュニケーション

まず、絵本の読み聞かせの時間はママやパパと子どもとの最高のコミュニケーションタイムであるという点に注目してみましょう。読み聞かせをする時、子どもとの距離はとっても近いはずです。子どもを膝の上に乗せて読み聞かせているかも知れませんし、寝る前にお顔をくっつけて読み聞かせているかも知れませんね。

この距離で読み聞かせをすることがスキンシップになり、IQやストレス耐性が上がると言われる愛情ホルモンの分泌が活発になると言われます。

子供の感情が豊かになる

そして、そんな親子のスキンシップを伴った読み聞かせは情緒の発達にも効果を発揮します情緒とは、簡単に言うと嬉しい、悲しい、怖い、楽しいなどと言った気持ちや感情の事です。最初は読み聞かせをするパパやママが子どもと一緒に喜んだり、悲しんだり、怖がったりすることで、いろんな感情を学びます。その内、子どもは絵本からいろんな感情を読み取れるようになり、子どもの感情はどんどん豊かになっていくのです。情緒を豊かにする事は、今後コミュニケーション能力を身に付ける上で必要不可欠な要素になります。絵本の読み聞かせは、情緒を豊かにするのに最適な手段と言えるでしょう。

想像力を豊かにする

また、絵本の読み聞かせには情緒の発達とともに想像力も豊かにする効果があります。幼児向けの絵本は、簡潔な言葉と分かりやすい絵が描かれているものが多いですよね。聞こえてくる言葉と絵を見ながら、子どもは頭の中で自由に想像することができます。テレビアニメなどとは違い、自分のペースで進めることができる絵本なら、じっくり絵を見てみるのもよし、戻ってみるもよし、次はどうなるか予測することもできますね。絵本には何通りもの楽しみ方があり、そして、何かを起こすタイミングも自由なのです。この自由さが子どもの想像する力を伸ばしていくんですね。

語彙力を伸ばす

読み聞かせには語彙力を増やす効果もあります。色々な言葉に触れ、その意味を知ることで、子どもはそれを使って会話をするようになります。そうやって、子どもは新しい言葉を次々と自分のものにしていくのです。小さい内に語彙を増やす習慣があると、文章を理解する力が必要になった時に大いに役立つはずです。語彙力だけではなく、言葉の音やリズム、繰り返しの面白さなどにも気付くことができるのも読み聞かせの大切な効果の一つですね。

本好きな子どもに育つ

更に、読み聞かせをすることで、文字や本に対する抵抗が少なくなります。小さい内から読み聞かせを通してたくさんの絵本に触れておくことで、本の魅力を感じ、本の中に入り込む面白さを知ります。それが、本が好きな子どもへと成長する第一歩になるでしょう。それぞれの月齢の特徴と選ぶべき絵本、そして読み聞かせのポイントについてみていきましょう。

0歳児~1歳児

言葉のリズムや音が楽しい絵本を選ぶと良いでしょう。擬音語や擬態語、言葉の繰り返しなどが使われているといいですね。はっきりした色使いのものや、シンプルで分かりやすい絵の物がおすすめです。見開きになっていると、更に目を引きやすいと思います。

1歳児~2歳児

身近な物や子どもが知っている物が出てくる絵本を選ぶと良いでしょう。文章の内容と絵が合っているものがいいですね。口にするのが楽しくなるような言葉が使われている物を選ぶと喜びます。

2歳児~5歳児

だんだんと物語が把握できるようになってきます。同じような展開が繰り返される内容の物や、めくるのが楽しくなるような物を選ぶといいですね。

5歳児以上

少し長めの物語にも挑戦してみるのもいいでしょう。絵本の中に入り込めるような内容だと夢中になってくれますよ。言葉遊びや早口言葉などを題材にした物も、子どもと一緒に楽しめると思います。



5歳児対象 子育て支援のお知らせ
「学習の部屋ー5歳児ー」  毎週水曜日 午後2時~ 
 保育時間内にアチーブテスト・文字・数字のお稽古・考える学習等 おこなっておりますが 在園児さんも参加できる子育て支援を・・・と考え 導入しております。公立・私立小学校・進学塾の一年分の教材を参考に授業編成した先取り学習です。遊びを交えた楽しい教室作りをいたします。小学校教諭免許・教育相談員資格保持の先生が指導いたします。-無料ー行事により変更がございます。お問い合わせください。

ーーーーー学習の部屋の様子はこちらーーーーー


制服・制定品について
制定品以外の着用はご遠慮ください。靴下・タイツ・スパッツ・セーター・ハイネックその他ブラウス・ズボン・スカート・体操服から見えないインナーは構いません。レインコート・傘を バス・幼稚園に持ち込まないようにしてください。バス送迎の方はバスの停留所まで・お並び登園の方は先生との待ち合わせ場所まで・各自等園の方は大門まで構いません。バス送迎の方はバスの停留所まで・お並び登園の方は先生との待ち合わせ場所まで・各自等園の方は大門まで構いません。


NEW ご父兄参加型の行事は『密閉』『密集』『密接』を避けるために
当分の間実施いたしません。
2020.5.15現在
保育参観・発表会・入園式・卒園式その他に関するお願い

参観日はできるだけ普段通りのお子さんの姿を見ていただきたく考えています。
体育参観・剣道参観は、専門科目のレッスン(稽古)
(当日参観人数が多い場合はお子様一人に対して大人一人の参観になりますー小さいお子様は下記参照の上必ず抱っこをお願いしますー)

給食参観は、食育を含む給食風景を参観していただきます。 
(入室はお子様一人に対して大人一人ですー小さいお子様は下記参照の上必ず抱っこをお願いしますー)

日曜参観は、親子遊びの活動を予定しております。保護者の方も動きやすい服装でお越しください。 
(入室はお子様一人に対して大人一人です。-道具を使い危険ですので小さいお子様は入室できませんー)

入園式・卒園式・発表会等
発表会では場所を互いに譲り合い和やかにご観覧下さい。荷物等での席取りは禁止です。
(私語厳禁・入室はお子様一人に対して大人一人もしくは二人です。-小さいお子様は下記参照の上必ず抱っこをお願いしますー)

注意事項

幼稚園内の行事にご参加の場合は必ず上靴・スリッパをお持ちください。
  
複数のクラスの参観がスムースに行われるよう、保護者の移動・入室・退室等、先生の指示をお守りください。
  
参観終了後は、通常保育にもどります。また、他のクラスは一日通常保育の場合がございます。開始時刻・終了の指示を厳守の上、園内に留まらず速やかにお帰り下さい。お子様と一緒に帰園できるのは日曜参観のみです。

一人ひとりのお子様に対して別々の保護者援助をお願いする場合がございますが先生の指示をお守りください。

参観中の私語はご遠慮ください。

教室・講堂に入る事のできる人数には限りがございます。園児一人に対する入室人数を必ずお守りください。

保育参観は、園児一人に対して大人一人の入室です。
入園式・卒園式・発表会等は園児一人に対して大人1名~2名の入室です。

やむを得ず未就園の小さなお子様と一緒に入っていただく場合は必ず下記の事項をお守りください。

剣道・体操共に激しい動きがございます。給食中は静かで落ち着いた環境のなかでいただいています。妹や弟のご同伴は構いませんが小さなお子様は急に園児のレッスンや稽古に飛び出したり、給食に手を出してしまう事もあります。必ず抱っこをお願いしております。
全ての園行事のなかでご同伴のお子様が泣き出したり機嫌が悪くなられた場合は、先生の声が聞こえなくなり、園児が困ってしまう事がございますので、一旦退室いただきお子様と遊んでいただいたり、自宅から読みなれた絵本を持参いただき読み聞かせるなど、落ち着かれてから参観してください。赤ちゃんの授乳等は先生にお声掛けください。ことりの部屋をお使いいただけます。男性はご利用できません。衛生上の関係によりミルク用のお湯はございません。 オムツ交換後のごみは袋に入れてお持ち帰りください。大人の休憩や会話その他 の目的以外のご利用はご遠慮ください。

参観日では・・・

はじめての保育参観の方はもちろん、皆様とても楽しみにされている事と存じます。子どもの性格は百人百様ですから参観日でも何でも平気という子もいれば、ちょっとしたことにも敏感に反応する繊細な子もいます。大勢の子どもがいるところに自分一人で入っていくとき緊張してしまう子はけっこういます。大人でも大勢の人がいるところに入っていくのは苦手という人はいます。それに、小さいうちは自分がもっている資質がストレートに出ることが多いのです。小学生でも参観日に泣いてしまうお子様はいます。繊細な子はこのような場面で親に心配を掛けることになるのですが、その繊細さが親を喜ばせてくれることも多いわけです。人の気持ちに敏感できょうだいや友達に優しかったり、感受性が豊かで芸術的なセンスに優れていたりすることも多いのです。親と離れるのが寂しくて不安だという気持ちを持っている子はたくさんいます。普段幼稚園で元気よく遊んでいるお子様でも、お家の方が参観されていると「いなくなってしまうのではないかな?」と不安になったり、必要以上にわがままになり、いつもより甘えたくなって泣いてしまうことも多々あります。そのような場合は叱ったり、不安な顔をせず見守ってください。お子様が泣いてしまっても、むしろ自分の気持ちを素直に表現できている子だということだったと安心してください。これは望ましいことかもしれません。しかしながら「参観」というのは全ての親御さんがお子様をベストな保育環境の中でその姿を見たいと思う行事です。泣いているお子様の声によって、他の園児が先生の声を聞きのがしたり、先生の言葉に集中できない事があるかもしれません。その場合は先生が「今日は無理をせずに保護者側にお連れになりギュッと抱っこしていてあげてください」「泣いているけれど、もう少し頑張ってみましょう」等お願いをしますのでご協力ください。最後に様々な心情で頑張っている幼稚園の全ての子ども達への優しさとサポートそして笑顔を宜しくお願いします。


参観・入園式・卒園式・発表会等、小門を開けたままにしております。未就園のお子様の管理については、保護者様、同伴者様の監督責任とし、お子様から目を離さないように、事故が起こらないように配慮してください。幼稚園の遊具は3歳から5歳児用に作られております。小学生以上のお子様が遊具で遊ぶことはご遠慮願います。




年少・最年少さんのお着替えがはじまります。

最初の頃はボタンがずれたり、お友達のものを間違えてきてしまう等、様々です。徐々に自分の持ち物を管理でき、上手に着替えられるように言葉掛けをしますので、焦らず、大きな心で見守って下さい。体操服の組み合わせは自由です。レッスンバッグの中にスモック一枚、体操服上下一枚ずつ入れて下さい。(上下2枚ずつ入れられますと、子どもが混乱してしまいます。)子ども達は自分の持ち物を一人で管理するように声をかけますので既定の枚数以上に持たせないでください。
①体操服をレッスンバッグから取り出し、他のお友達のものと間違えないように自分のバッグのそばにおきます。ネクタイの留め具をはずさずにゴムをひっぱりながら首から頭を通ってはずします。バッグの小さいポケットの中にネクタイを入れます。制服を脱ぎ、たたんでバッグのメインに入れます。②体操服の裏表を間違えないように着ます。③体操服から制服に着替える時も、たたんでレッスンバッグにしまいます。間もなく体操教室などがはじまりますので、お子様が一人でスムーズに着替えられるようにお家でレッスンをしてください。


入園準備における記名方法等お問い合わせが多かった事を「①よくある質問」にて
記載させていただきました。(説明会・受験日・用品渡し日にお伝えしております)
写真付き記名方法などは、よくある質問の一番下に記載してございます。

入園・進級当初のバス停の時刻は仮の乗車時刻です。
(乗車時刻は子どもが幼稚園に慣れた頃の時刻が正確なものとなります。
仮の乗車時刻より5分~15分早くなる事が多いです。)
「①よくある質問」






information

南恩加島幼稚園

〒551-0012
大阪市大正区平尾5-7-7
TEL.06-6551-2408
FAX.06-6551-4751

MAIL minamiokagima@nifty.com


こそだて支援

在園児さんの写真

  専 門 科 目

幼稚園の重要性

採用情報
教育活動を見学・ボランティア希望の方はご連絡ください。

ホームページは月に1~2回更新するよう努力をしておりますが、都合上更新のできない事もございます。2学期は、剣道・体操・体育2・音楽・楽器指導など、すべての先生が指導にあたります。そのため、お写真をとる事が少なくなります。ご了承ください。お写真は、全ての行事・レッスン・お稽古の様子を撮影したものではございません。レッスン中・学習中のお教室に時々入り撮影したものです。行事やレッスンは写真撮影日以外にもございます。お写真を見るときはお子様と一緒にご覧頂き、お話をたくさん聞いてあげてください


4  5  6  7 8 
  9 10 11 12 

   1 2 3



モバイルHPは南恩加島幼稚園 エキテンこちら
http://homepage2.nifty.com/MINAMIOKAJIMA-KG/zmobile/indexmb.html
http://homepage2.nifty.com/
MINAMIOKAJIMA-KG/zmobile/
indexmb.html